建築のフジサワ

メニュー

性能+デザイン

こんにちは、現場担当の藤澤孝です。
本年もどうぞよろしくお願い致します^ – ^

昨年末から工事中の建築家と建てる家 BDAC=Style現場の写真を添付しながら、断熱について簡単にご説明致します。

一般的な新築住宅で採用されているのが、高性能グラスウール16Kの厚さ10㎝となるかと思いますが、弊社が標準でご提案しているスーパーウォールパネル(写真のSWのロゴが入っている壁天井全面)を、このグラスウールの断熱性能と比較した場合、約1.6倍の違いがあります。

性能の1.6倍がどのくらいすごいかを厚さで表すと、約24㎝相当の断熱壁!とも表現出来ます。

さらに、標準でトリプルガラスサッシを装備(写真の窓)、それに加え隙間のないよう工事し、気密測定検査する事が重要です。

スーパーウォールの家は、住宅の構造体と開口部(窓や玄関ドアなど)の工事が完了した段階で、全棟において気密測定を実施します。さらに、設計時の熱計算により算出された、温熱性能と外皮性能、測定した気密性能を数値でご確認いただける性能報告書を作成し、お客様にお渡ししています。

当然必須となる、冷暖房設備、換気設備、照明計画などのご提案も合わせて行いますのでご安心ください^ ^

“冬暖かく、夏は涼しく”をよりご体感頂ける快適なお住まい、さらには住まわれるお客様の健康、省エネ化へと繋がり光熱費が下がり、結果的にはお財布も健康に♪

※ご提案時に光熱費などのシミュレーションも致します。

まとめとしまして、”性能+デザイン”これが我々の最大の特徴となります!
本案件の完成はまだまだ先となりますが、完成見学会も予定しております。
ご興味を持たれた方は、是非ともご来場くださいませ。

完成内覧会とは別に、もっと詳しく内容を聞きたい!

という方はお気軽にお問い合わせください(^^)
弊社ショールームにて、担当者より詳しくお伝えいたします。

 

 

トピックス一覧へ
メニュー
Page Top