建築のフジサワ

メニュー

国のエネルギー政策では
2030年に向けてZEH(ゼッチ)を推進。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「断熱+省エネ+創エネ」を組み合わせることで、年間の「一次エネルギー消費量」の収支がネット(正味)でゼロになる住まいのことです。
政府は2030年を目標に、低炭素化社会に向けて、新築住宅の平均でZEH化を目指しています。

ZEH
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスとは?

ZEHとは、Net Zero Energy House
(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。

住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることで、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。
フジサワの考えるZEHは、快適で健康に暮らせるゼロ・エネルギー・ハウス。
温もりのある光が窓から射し込み、爽やかな風がそよぐ、室内に居ながらにして自然の心地よさを感じられる住まいづくり。
気持ちいいゼロエネルギーの暮らしを“パッシブファースト”ではじめてみませんか!

ZEHのしくみ

必要なポイントは
断熱省エネ創エネの3つ

Point1

断熱

断熱性能を向上して、エネルギーロスを最小限とする住宅。(夏涼しく、冬温かい住宅)

Point2

省エネ

家で消費する電力量を減らすために、省エネ性の高い機器・照明等を取り付ける。

Point3

創エネ

家で消費するよりも多くのエネルギーを創るために、太陽光発電でしっかり発電。

暮らしで使う一次エネルギーを、高断熱住宅と省エネ設備で減らす。さらに足りないエネルギーは太陽光発電などの創エネでまかなうことで、全体のエネルギー収支を正味ゼロ以下にすることを目指します。

※「一次エネルギー」とは
発電のために必要な石油や石炭・天然ガス・水力・太陽光など、自然界から得られるエネルギー源のこと。
一次エネルギーを加工して作られる電気やガソリン、都市ガスなどは「二次エネルギー」と呼びます。

フジサワの考えるZEHのあり方
“パッシブファースト” で
もっと気持ちいいZEHへ

パッシブ=自然の力

太陽の光・熱を取り込む、または遮る。
風を取り込む。など

アクティブ=省エネ・創エネ設備

照明・冷暖房・給湯などの省エネ設備、
太陽光発電などの創エネ設備。

建築のフジサワでは省エネ・創エネ設備のみに頼った「アクティブZEH」ではなく『パッシブ=自然の力』を最大限活かしながら、エネルギー計算・シミュレーションを行い必要なエネルギーを『アクティブ=省エネ・創エネ設備』で補う、先進の「パッシブZEH」をご提案しています。

「環境」・「自然」との
共生を実現する家

国の制定した2020年の省エネ基準の義務化に合わせ、建築のフジサワでは、省エネに早期から取り組み、「環境」や「自然」との共生を実現する家づくりを追求しています。

  • 高気密・高断熱で
    一年中快適

    保温性が高く外気温の影響を受けにくい家です。
    四季を問わず一年中快適に過ごせます。

  • 電気・ガス・
    水を節約 

    水まわりに最適な設備を導入することで、大幅にエネルギーを削除し、ランニングコストを抑えます。

  • 使う電気を
    自給自足

    太陽の光という自然の恵みを生かす太陽光発電を利用して、電気を家で自給自足。
    災害時の備えとしても安心できます。

  • 光熱費ゼロ
    ゆとりの暮らし

    初期のコストはかかりますが、長い目で見ると、とてもお得な上に地球環境にも貢献できる家です。

健康で快適に暮らせる
ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?
ゼロエネ住宅 施工事例
メニュー
Page Top